2020年8月17日月曜日

Auto antenna tuner "AT-100"


コロナ自粛中にebayでポチッ Auto antenna tuner "AT-100" 
非常に小型で1.8MHz-50MHz、100wまで使用できるとのことである。
基本開発はN7DDC OM。例によって中国製のキットとして販売されている。
キットには0.96inchOLED付き。

【製作】

部品の確認(上の写真を参考に)
小さい部品からはんだ付けをしていく。製作のマニュアルは見つからなかったので回路図とプリント基板のシルク印刷を頼りに取り付けていく。
一部ミスプリントもあるが、回路図とシルクで判断。(回路図にもミスがある)
空芯コイルは直径4㎜と6㎜であるが、ドリルの刃を利用すると綺麗に巻ける。(巻き数は回路図にある)
信号回路につながるコンデンサーは一応高耐圧と思われるものがすでに基板にはんだ付けされている。制御用PICマイコンもはんだ付けされている。
製作はそれほど難しくないと思う。
ただ、オプションのスイッチ(バイパスSWとオートSW)は端子に出されておらず、基板から直に線をはんだ付けする必要がある。(下の写真参照)

OELDの配線は下の回路図を参照

ケースに入れて完成


【動作試験】
 まだあまり試験していないが、
 電源を入れるとOLEDに表示が出る。Power,SWR、L,C表示される。
送信を行うとリレーが動作し、整合が始まる。
 スイッチはBYPASS(チューナー無し)AUTO(自動)TUNE(設定がリセットされる)
結果は、そこそこの整合。どうしても簡易回路であり、コイル、コンデンサーの設定が7段しかないので粗い。SWR<2であればOKという感じである。そのため整合範囲も狭いと思われる。π型にはかなわない。
 回路は送信機にコイルが直列接続され、アンテナ側にコンデンサーが並列に接続される。
ローコストなので致し方ない。
 また、出力、反射等のレベル調整がないので、正確さは不明。一応手持ちのSWR計でみて下がることは確認できた。もう少し実験をする必要がある。尚、動作させるには最低5W以上が必要である。
 マイクロコントローラーが私の苦手なPICなので、今のところ改良もできない。
機会があれば、もう少し実験してその結果でも報告できればと思う。
 まあ、この価格でこのようなキットが出てきたことに驚きである。N7DDCに感謝。

73's  de JA2NKD

5 件のコメント:

Mikele 9a3xz さんのコメント...

very nice and NOT expensive !
thanks Matsuura for good information.

JA2NKD さんのコメント...

Hi、Mikele
Thanks comment

You are welcome!

Let's enjoy homebrew.

de JA2NKD

JE2TLZ さんのコメント...

それ、私もAliexpressで注文したのですが、
コロナで航空便が飛ばない影響で止まってます、
もうすぐ2ヶ月、届くかな。

JA2NKD さんのコメント...

JE2TLZさん
コメントありがとうございます。
8月15日に注文したTFTとArduino Dueが今週届きました。
タイミングですかね。
ATUはebayだったかな。

のんびり待ちましょう

JA2NKD

JACK さんのコメント...

Do you need a VFO with EEPROM to store the selected RIT.
Maybe that is why it goes to zero after I go back to regular operation.

I loaded your version that does not use EEPROM.

Thanks, Jack