2008年10月3日金曜日

29MHz FMトランシーバー(4)

受信部



 受信部フロントエンドにはQRP機でよく見かけるTA7358を使用。

 RF AMP部はベース接地AMPとなっている。入力インピーダンスはかなり低く、コイルのホットエンドに直接接続をするとミスマッチとなる。コイルにタップを設ければよいが、巻きなおすのも面倒なので、コンデンサー分割し入力に接続している。



 その他回路は標準的なものである。

 IFと検波は定番MC3357を使用。未だにセカンドソースが入手可能である。このように息が長いということは、基本思想が優れている証拠だと思う。ただIFのリミッティング性能は今一歩との評価もある。



 スケルチ回路はには結構悩まされた。回路例などを参考に作ってみたが、なかなか満足がいくようにはならない。これはフィルタや、ディスクリミネータコイルなどの部品との相関が高く、それに合わせて定数を検討する必要があるようだ。以前ディスクリミネータにセラミックを使い結構満足がいくものが出来たが、今回は今一だったので、コイルに変更し、スケルチのノイズアンプの定数を回路図のようにした。
80点程度の出来である。



 音声出力には特にフィルタも入れていないせいか、高音域が強めで、多少きんきんした音となっている。この辺りはもう少し検討が必要と思うが、我慢できる範囲なのでそのままにしている。

 この辺りは再度実験を行っていきたい。MC3357シリーズは、3359、3361などファミリーも多いのでこれらも機会があれば試してみる。



 受信部全体の性能としては、感度は申し分ないが、強い信号による、混変調、感度抑圧等がある。移動用機器にはいいと思う。300m弱のローカルが電波を出すとすぐにわかるのは便利なのか、問題なのか・・・・・

0 件のコメント: